「はんこ」か「はんこう」か

印鑑イメージ

みなさん、印鑑を持っていますか?印鑑はほとんどの人が持っているものです。

公的な場所などでは「印鑑」という言い方をしていますが、私達は、認印や銀行印すべて合わせて印鑑のことを「はんこ」って言いますよね。

宅配便がきたときにも認印を押すことを「はんこください」って言われますし、印鑑専門店でははんこ屋さんという言い方もします。

だから印鑑という言い方はなんだか堅苦しくて、日常では「はんこ」という言い方をしている人が多いと思います。

「印鑑」は、公的な場でその呼び方を使われる場合が多いようです。
印鑑の意味としてははんこ、印、地方自治団体・銀行・その他取引先などに提出しておく特定の印影を表しています。

印の真偽を見分ける基礎となるものだといいます。
「はんこ」は、印、印鑑、印章、判ということを表すものです。

私的に使用する場合などには「判子」という言い方をしている場合が多いようです。
この「はんこ」という言い方のほかに「はんこう」という言い方をする人もいるのを知っていますか?

私は「はんこ」という言い方をしますが地方によって違うものなのでしょうか?
方言みたいなものなのでしょうか?ちょっと調べてみると、「はんこう」という言い方は別に珍しいものでもなく、また方言というものでもないようです。

「はんこう」というのは漢字で書くと「版行」というように書きます。
「版行」というのは書物や文字等を印刷をして売り出すということの意味です。
ここから後に「はんこ」に言い方が変わったということらしいのです。

だから「はんこ」も「はんこう」も古い言い方か新しい言い方かが違うだけでどちらを言っても間違いではないんですよ。

ページの先頭へ