印鑑とは

認印イメージ

皆さんが普段使っている印鑑。
宅配便の受取や書類の確認、回覧板、子どもの学校への保護者の確認、大きな買い物をする場合や契約等という場合に本人の証明や認めます、間違いない、という意味で押すものです。

使い方はさまざまです。

認印や銀行印、実印と個人だけでなく企業にもそれぞれ印鑑はあるんですよ。そしてその印鑑の言い方には色々あるんですよ。
知っていますか?「印」というのは印鑑・はんこの基本的な呼び方といえるでしょう。
印章・印影でもあり一定の権利や強制力を持っています。

「印」といえばこういったことすべてを含んだ意味を表しているのではないでしょうか。
「印章」ははんこそのもの、本体のことをいいます。いろいろな材料を使って印鑑の形にするのです。

「判」は印章・印影をいいますが、その記号や情報としての意味だけで「印」のような特別な効力を持ってはいません。
「印影」はそのはんこを押したときにできるはんこの形のことです。

「印鑑」は照合するための印影のことをいうようです。特別な印影のことだということです。
たとえば、銀行印や実印などの登録されているものをいうようです。

本来はそういうことを指すようで細かく正式にみていくと、認印などを印鑑という言い方をするというのは間違っているとする人もいるようですね。
でも、宅配便などではんこが必要な場合、「印鑑お願いしま~す」なんていう風に言われることもありますし、「認印でいいので印鑑をお持ちください」というような言い方をされることもあります。

「印鑑」という言い方はそれだけ一般的に使われている言葉なんですね。
ひとつのはんこの中でこんなに言い方があるのですね。

ページの先頭へ