同意を表す印鑑

印鑑イメージ

印鑑を持つということはどういうことでしょう。
印鑑は大事なものだということは誰もが知っていることです。

印鑑は自筆で書かれた名前の横に押されることで本人がそれぞれに同意しました、という証明になります。
それはたとえ認印だとしてもです。

印鑑を押すという場合、ほとんどが重要な書類である場合がほとんどです。
仕事でなくとも大きな契約時に印鑑が必要な場合も多々あります。

どんな契約書でも、書類でも、印鑑を押したからにはそれは取り消すことができません。
印鑑を持つこと、印鑑を押すということは非常に重要なことであるとしっかり認識して使用しなくてはいけません。

実印や銀行印というのは意識的に注意して使用する人がほとんどでしょう。
けれど、認印はどうでしょう?認印は日常の使用頻度の高さから結構気軽に考えている人は多いのではないでしょうか。

特に100円ショップなどで簡単に手にはいる認印を銀行印と併用している場合が多いかと思います。
若い人が一人暮らしをはじめたり新しく銀行口座を開くときに急場しのぎでそういった印鑑を購入してそのまま使用している人は多いと思います。

でも、実はこれはかなり危険なものなんですよ。
大量生産で売られているもので、同じ姓であれば印影が同じであることがほとんどです。

認印、三文判などというかたちで使われる場合であればそれほど問題にはなりませんが、簡単に同じ印影が手にはいるような状況であることを考えるとかなり危険であると思います。

印鑑、認印ひとつで財産をなくしてしまうようなこともありえるのです。
印鑑の意味をよく考え十分過ぎるほどの注意をしていかなくてはいけません。

ページの先頭へ