印鑑は財産の一部です

実印イメージ

今は印鑑というと100円ショップや文具店でかなり安く手に入れることができます。
それがいけないということではありません。

緊急で印鑑が必要になってしまうこともよくあることです。
ですからどこにでも売っている印鑑はとても便利です。

何箇所かで購入していくつか持っている人も多いのではないでしょうか?
でも、こんなに簡単に購入できてしまう印鑑って大丈夫なのかな?って思います。

実印というときちんとしたはんこ屋さんなどにお願いしてつくってもらうことが多いと思います。
実印というと印鑑を持たない人でも重要なものだと分かると思います。ですから大切に扱うでしょう。

でも、認印などは頻繁に使うことが多いので、なんでもいいというイメージがあるためかそれ程重要視していない人が多いのです。
印鑑はどんなものでも重要なもの。たとえ100円ショップで購入したものでも、です。

安く手に入れた印鑑は認印に使用している人が多いのですが、その認印を銀行印としても使用しているひと、いませんか?
とても危険なんですよ。

印鑑を持つということ、それは財産の一部ではないでしょうか。
ですからどんな印鑑だとしても簡単に捺印してしまわぬように、なくしてしまわぬようにしなくてはいけません。

たとえ認印であっても押したからにはそのことに了承しました、という意味になってしまうのです。
後になって取り消したいといってもそれは認められないのです。

印鑑を押すだけでなくきちんと書類を確認するということも言われずとも重要なことだとは分かっていると思います。
印鑑の重要性については今一度じっくり考えてみるといいでしょう。

ページの先頭へ